春いまだ遠い銀世界の秋田にも、季節はすこしずつ春へと近づいています。心なしか日差しの中に春の予兆を感じ取れる様になってきましたが、やはり4月、辛夷の花が咲き始めると春の訪れを実感します。海は1ヶ月半程遅く陸上とは遠いまだまだ冬なのですが、4月に入ると釣人達も海へと繰り出す季節と成ります。この時期の対象魚はウミタナゴ・アイナメ・カレイ・ヒラメ・メバル・ソイ等がターゲットとなり釣り心をかきたてられている時。もうすぐです。
 海もまだまだ潮の流れが早く、入り組んだ岩礁地帯に生息するアイナメ釣りは、たとえ面倒なシーアンカーを使っても、一瞬の油断が仕掛けを無駄に浪費するありさまと成り、釣具店の上客の一人として感謝状(?)をいただく事と成ります。何事も達人の世界は遠く険しく、時間と投資が必要。海は広いぜ!!アイナメは地方によって呼び名も異なり、北海道・青森地方ではアヴラメ、仙台地方ではネウと呼ばれていますが、形態はアブラッコ・ホッケ(アイナメ科)にも似て、身は白身で上品な味わいがあり『五月シンジョは嫁に喰わすな』と男鹿地方でいわれる程の美味な魚です。
4月とはいえ、まだまだ寒い折り、地酒を飲みながらの肴として、ましてや肌をさす寒さに耐え釣り上げた魚だからこそ、なおさら味わい深いものです。
 春よこい!早くこい!
 
「秋田釣り歳時記」のTOPへもどる