10月から11月期の秋田は、今が大物釣りのワラサに湧いている季節です。最近の釣り様式も電気釣りと呼ばれる、海中と船上から煌々と照らし、小魚を集めそれをねらう大物ワラサをターゲットに、夕方(PM4:30頃)港のあちらこちらから出港する船々が、大いなる期待と夢にはやる釣り人を乗せて出港する毎日です。一路漁場は水深40m〜50mライン、おのおのの船長のポイントに向けフルスピード、船長の腕の見せどころです。釣果は時の運、雪辱戦も又楽しといった釣り士の心境は、海との関わりをこよなく愛する男心かもしれません。
 
「秋田釣り歳時記」のTOPへもどる