最も敬愛する釣り迷人より、真鯛釣りに関しての原稿が送られてきました。
約束を違えずに、投稿してくれた友に感謝の意を込めて・・・

―― 以下、釣り迷人より ――

季節は春から夏へと移り真鯛釣りシーズンが近いこのごろ、秋田魚市場では例年になく鯛が安く、先日宴会で使った鯛は測ってみたら62センチと大物にもかかわらず3千円と考えられないほどの安さでした。安くても店にとっては最高の食材で、いろんなバリエーションが楽しめます。刺身、頭の骨酒、潮汁、内臓の塩から、鯛めし、兜煮など62センチもあると5〜6人は優に食べられます。

6月8日、秋田の県南に位置する道川で、今年最初の鯛釣りを予定し、前日から胸がわくわくし恥ずかしい話しですが板前歴30年の僕が包丁で手を切るという失敗をやらかしてしまいました。幸いチョット血が出ただけの軽症で助かりました。遠足前の子どもと同じでいくつになっても楽しみ前日はわくわくするものですね〜

当日午前11時出航、天気良し波良し流れ良しの最高条件。しかし、最高条件なのになぜかピクリともこない。ねばる事6時間、船頭さんが今日はだめだ水温も低いし止めようか・・・言ったその時、5時45分、僕の竿が弓なりになりドラッグを慌てて調整して引き上げの体勢。「デカイ」・・・50センチいやもしかしたら60センチあるかも知れない、慎重に慎重にと心の中で叫んでしまいました。ただ重いだけでまったく動かない、まあ水温が低いせいだと思いながら慎重に上げること15分くらい、もう15メートル位と思ったその時、水面に黒い魚がポカァっと浮いたとたんみんながビックリなんと46センチの黒ソイであった。そんなばかな〜一時落胆したが気持ちを取り直してその場で生ジメ、明日の宴会に使うかなと頭をよぎったのでした。

この日は4人で黒ソイが1匹だけでした。今後は水温の上昇と共に真鯛は期待できると思われます。来週は絶対に鯛の顔を見たいものです。

―― 以上 ――

「心優しい釣り迷人に乾杯!」

●宮城屋蒲鉾店店主のおすすめ

海と釣り、そして酒好きな貴方へ、郷土料理「天酔」へご参集あれ!
生きの良い食材と地酒、そして腕の立つ板さん(店主)が親しみある笑顔で待ってます。仲間になろうと待ってます。

秋田市高陽青柳町1-36(丸孝山王ビル1F)
郷土料理 天 

TEL.018-863-9179

 
「秋田釣り歳時記」のTOPへもどる