4月の下旬から待ちに待っていた大型の真鯛の一群が道川沿岸に到来しました。のっこみの始まりです。

先月(5月)は海水温が低い状態だったのですが、尺〜二尺の真鯛が良く釣れ、道川沿岸は釣り人達の歓声に溢れていました。今年は例年以上に群れが濃く釣果は上々のようです。いつもは心穏やかなる?私も今年ばかりは道川へと心引かれる毎日です。出来ることなら時間をやりくりしてでも日参したい思いがつのる毎日です。

先月は2度ばかりの出港でしたが、やや二尺を筆頭に尺五寸、尺とゲットしております。真鯛の引きの強さは上々、色型も上々、食しても上々、我が家においては酒代のエンゲル指数も上々となり、苦しきかな!楽しきかな!

いよいよこれからが本番。ぜひぜひ大鯛釣りのだいご味をご堪能あれ!
活きがいい真紅の大鯛が早くこいよと待っています。早く釣ってと待ってます。

 

 

 
「秋田釣り歳時記」のTOPへもどる