11月に入り天候も不安定な日が続くようになり、日増しに寒さも身にこたえる時期ですが、このような条件の中で釣りに出掛けるにはついつい及び腰となるものです。

 11月10日(土)、友達からの誘いに乗り、覚悟を決めて今年の納竿のつもりで出掛けてきました。
当日は穏やかな空模様で波も1m、幸運な出港となりました。本命はサワラ。メタルジグを数種類とサビキ仕掛け、それにこの時期の必需品、暖を取るための日本酒(?種類)を持ち込んでの船出でした。

 PM5:20ポイントに到着、水中ライトと船上にあるライトを点け、群れの集まるのを待ちます。PM6:00頃よりポツポツとアジ・サバが釣れ始め、煌々とした光が群れを寄せ始めました。
PM7:28、ワラサ・アジも釣れだしてきました。サワラはメタルジグを使い、水深30mでヒット、大型(1m弱)のサワラにルアー竿も折れそうです。常に竿を上下して誘いをかけ、棚を探りながらの釣りはけっこうハードで疲れますが、ガツ〜とした当たりと強烈な引きは労をおしまぬ魅力があり、置き竿で当たりを待つサビキ釣りとはちがった醍醐味が有ります。

 PM11:00帰港。クーラーはアジ・サバ・ワラサ・サワラ等々ずっしりと重く、納竿にふさわしい釣り日よりでした。

 

 
「秋田釣り歳時記」のTOPへもどる