今年の8月は例年の祭りに加え、WG(ワールドゲームズ)もこの秋田市を中心に県内で開催され賑やかな月となりましたが、今は一段落し、涼風の心地良さと共に秋の装いへと日増しに変わっている所です。

 好きな釣りも猛暑の中では荷が重く、私はもっぱら夕方から始まる電気釣りに出掛けていました。月が変わり、これからは日中でも釣りにはもってこいの時期となり真鯛、平目、メバル、ソイ、アラ、アジ、アオ、メジマグロ等々、出来ることなら日参したい程、海は豊かになります。

 釣り仲間も忙しい時期となり、沿岸でメバル、ソイ、アラをねらう者、近場で真鯛、平目、アジをねらう者、トローリングで青物をねらう者など各人の得意な釣り場へと出掛ける事と成ります。

 日頃釣りには格別の"釣り道"を持っている仲間の二人が、「電気釣りは邪道な釣り、己は絶対しない」と言い放っていたのですが、近頃一人がどうも興味をそそられているようで、近々口説き落とせそうです。こだわりをすて体験してみる時、海は限りなく広く楽しさに満ちあふれています。

 煌々と輝く光の中で竿を置き、予期せぬ大物を待つ時間は、何ものにも変えがたい楽しさです。

 

 
「秋田釣り歳時記」のTOPへもどる