昨年10月、「鯛釣り勝負」でみごと私が勝利して以来、大きな顔をして出掛けているお店の店主から、再度の挑戦を受けることと成りました。

 日頃会うたびごとに軽口を言い合い、"あえて勝負をしなくとも結果は見えているよ"と言い聞かせていたのですが、無謀とも思える申し出をしぶしぶ受けた次第です。
 敵は今シーズンに入り毎週末には海へ出掛けており、時折メールで結果を知らせてくるなど、多少は腕の方も上がってきたようで、この際、釣りの奥深さを垣間見せてやる事は大きな姿、やさしい思いやりかな?と勝手に自認し、今静かに決戦の日を楽しみに待っているところです。

時は7月8日(日)PM1:00、戦場は道川、6時間勝負、本命は大鯛。

 結果は次回この「秋田釣り歳時記」で報告予定。
勝負の果て、店主の気落ちした顔を見て酒を飲むつらさよ・・・。やさしい気持ちの私に耐えられるのだろうか・・・?

 心千々に乱れます。

 

 
「秋田釣り歳時記」のTOPへもどる